ビジネスをする上で、特に自分で会社を立ち上げて、起業する場合や起業をして会社を運営していくということを考えた上で、特に大事なものは資金です。資金がなければどんなに素晴らしいアイディアがあったとしても実現をさせるのは不可能と言っても過言ではありません。そのために、融資を受けて、事業資金として利用することになるのですが、融資の最大のデメリットは、融資は借りたお金ですから返済しなければいけないということです。

助成金とは

ところが、会社を立ち上げたときや会社を経営していながら、返済が原則的にする必要のない資金があります。それが助成金と言い、厚生労働省所管で取り扱っている支援金です。助成金のメリットというのは、厚生労働省の出している条件にさえ適合していれば、どんな会社でも受け取ることのできるお金です。助成金と似た性格の資金である資金のうち補助金と言うものがあります。補助金は経済産業省が管轄している資金で、こちらも返済する必要のないものですが、助成金との違いは、審査があり、審査の合否によって受け取れる場合とそうでない場合とがあります。ところが、補助金の場合は、厚生労働省の条件さえて起業さえしていれば、無条件で支給される資金です。

助成金の用途

では実際にどういう状況において助成金を受け取ることが出来るのかということをご説明します。厚生労働省の助成金と言うのは、雇用関係に関連したことに対して支給されます。したがって、ビジネスのために新製品を開発するとか、会社を存続するための運転資金とか、或いは、設備投資をするために資金が提供されるということではありません。

助成金の概要

助成金の概要を簡単にご説明すると、用途は雇用に関するということになります。例えば、雇用を増加させるとか、或いは雇用の安定や従業員の能力を向上させるために使うということが目的であることが必要です。したがって、会社の業務においては営業や開発というよりは人事業務に対する補助金ということになります。助成金の最大のポイントとしては、冒頭でもご案内をしましたが、審査がありません。厚生労働省で定める条件さえクリアしてれば、支給されます。また、補助金のように、公募期間が年に1回と言うものではなく補助金は、通年で期限なく募集をしているので、いつでも申請することが出来ます。ただし、費用については、上限で数百万円となりますので、補助金が場合によっては数十億円ということを考えますと、少額であるという点が補助金のデメリットということが出来ます。